毎日が自由研究

ふじたひであきの、行ってみたとこ・やってみたこと・体験したこと・わかったこと。

トップページ おでかけスポット 兵庫県』> 淡路島で一番のデート&観光&写真スポット「あわじ花さじき」を20回以上行った僕が紹介するよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

淡路島でいちばんの花畑「あわじ花さじき」

あわじ花さじき』は淡路島の北部にある広大な花畑です。

海を見わたす高原に四季折々の花が咲く風景を見ることができますよ。

03

デート観光写真撮影スポットとして人気があり、リピーターも多いです。

初めて淡路島を訪れる人にもオススメな場所ですね。

ちなみに僕の家からは近いので、これまで20回以上訪れていますよ。

ということで、そんな『あわじ花さじき』の魅力をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク


淡路島の高原にひろがる絶景お花畑

「あわじ花さじき」に行けば、例えばこんな景色が見られます。これは秋のコスモスの頃の様子。淡路島ならではの圧倒的なスケールのお花畑が楽しめますよ。

02

赤や紫の鮮やかな花のじゅうたんは「サルビア」の花。こちらも見事ですね。

00

◎全体マップ

広大な敷地にはいくつもの花畑・花壇があり、季節ごとにさまざまな色や風景が楽しめます。
map_facilities_top
・画像引用元:あわじ花さじきホームページ

◎ちなみに
「あわじ花さじき」の面積は、甲子園球場の約4倍、東京ドームなら約3個分です。



海に浮かぶ淡路島ならではの風景を満喫

あわじ花さじきで花と緑に囲まれて過ごすひとときは格別。空気も超美味しいんです

01

天気の良い日には眼下に青い海が広がり、花と海の共演はまさに絶景

海を見渡すその景色を見れば、「淡路島に来たんだなぁ」という実感もひとしおです。

03

花畑の中を歩き回ってお気に入りの場所を見つけたら、景色を眺めながら深呼吸。

その気持ち良さにココロやカラダがすっと軽くなる感覚が味わえますよ。

02

◎ちなみに
淡路島は『花の島』としても知られていて、これまでに2回の「淡路花博」や新たに「淡路花祭」が開催されています。また、淡路島は花の産地でもありますよ。



デートや観光・写真撮影のスポットとして人気

あわじ花さじきは、恋人や家族や友人との想い出作りにぴったりな場所です。

04
  • カップルで
  • 家族みんなで
  • 友だち同士で
  • ペットを連れて
というかんじで、大切な誰かと一緒に訪れる人が多いですね。

すばらしい景色の中を歩けば、気分が高まって自然と会話が弾みます。

03

最高の景色をバックに記念写真が撮れるよ

あわじ花さじきの風景はどこを切り取っても絵になるから、素敵な記念写真が撮れること間違いなし。コンパクト三脚自撮り棒があると捗ります。
01

被写体や構図は無限大、写真の練習や作品づくりにも

また、写真を撮るなら花の接写から大パノラマの景色までいろいろな被写体や構図が狙えます。カメラを持って作品づくりや写真の練習に訪れる人も多いですよ。

04
05
00

あわじ花さじきは敷地のほぼ全体が写真撮影スポットというかんじ。

あなたもぜひ素敵な想い出や写真を残してみてくださいね。


◎ちなみに
あわじ花さじきは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の最終回を飾るロケ地として撮影に使われたことがありますよ。2月末の満開の「菜の花」をバックに撮影が行なわれました。

02



何度行っても楽しめる、季節ごとに変わる景色

あわじ花さじきでは、ほぼ一年を通して花がある風景を楽しむことができます。

季節ごとに違った景色が見られるから、何度行っても良いところですよ。

春は菜の花、リナリア(姫金魚草)、ポピーなどの花が見られます。
spring_img_fieldmustard spring_img_linaria1
・画像引用元:あわじ花さじきホームページ

夏にはヒマワリ、ブルーサルビア、クレメオなどの花が見られます。
summer_img_sunflower summer_img_salvia1
・画像引用元:あわじ花さじきホームページ

秋・冬

秋から冬にかけては、コスモスや赤いサルビア、ソバの花などが見られますよ。
01 00

◎ちなみに
いま見頃の花や開花状況などは、あわじ花さじきのホームページFacebookページで随時お知らせされていますよ。

あわじ花さじきへのお出かけを計画する際には最新情報をチェックしましょう。



淡路牛の姿も見られるよ

あわじ花さじきの北側には「淡路牛」の放牧地があり、黒毛和牛を間近でみることができますよ。

u06

牛さんはみんな大人しく、草を食べたり・ひなたぼっこをして過ごす姿が見られます。

u03



ワンちゃんも一緒に楽しめます

あわじ花さじきはペット(犬)同伴での入園ができますよ。(2016年11月現在)

05

お花畑の間や、芝生の広場をワンちゃんと一緒に歩けます。

01

ワンちゃんと一緒に行く時は、
  • リードを着ける
  • リードを放さない
  • リードは短めに
  • フンは持ち帰る
など基本的なルールを守って気持ち良く利用しましょう。

02



名物ソフトクリームやお土産も

あわじ花さじきには、ちょっとした売店やお土産売り場もありますよ。

s03

「びわミックスソフトクリーム」がおすすめ

売店で買えるソフトクリームは淡路島産の新鮮な牛乳を使用しているから美味しいんです。

ソフトクリームにはいくつかの種類があって、中でも「濃厚ミルクソフト」と「びわソフト」をミックスした『びわミックスソフトクリーム』がオススメ。

01
濃厚ミルクとびわのさっぱり感がちょうどいいバランスで混ざり合ってるんですよね。 ちなみに淡路島はびわの産地でもありますよ。



初めて淡路島を訪れる人にもオススメです

というかんじで、魅力いっぱい&見どころ満点な「あわじ花さじき」。

P1020982e

淡路島の北端付近にあるから本州からのアクセスも容易で、

ここに行けば淡路島の風景や魅力の多くを感じることができるから、

初めての淡路島観光の行き先としてオススメです。

00
あなたもこの素晴らしい風景を見に「あわじ花さじき」を訪れてみてはいかが?おすすめです。

◎ちなみに
ぼくもかつて初めて自分の車を運転して淡路島に渡った時に行ったのが「あわじ花さじき」でした。それ以来、季節がめぐるたびに訪れていますよ。




アクセス方法・利用案内等

04

あわじ花さじきへの行き方

あわじ花さじきは【明石海峡大橋】や【淡路インターチェンジ】からほど近い場所にありアクセスも良好です。


◎おすすめのルート

【淡路インターチェンジ】を降りて【淡路インター前交差点】を山側へ直進して、10分ほど道なりに走れば「あわじ花さじき」に到着です。

◎おすすめしないルート

【東浦インターチェンジ】や【富島・野島】方面からもアクセスできますが、急カーブ多い&道幅が狭い山道のためオススメしません。特に運転に不慣れな人はお気を付けください。淡路インターチェンジ方面からのルートが比較的安全ですよ。

※帰りに【淡路ハイウェイオアシス】に立ち寄りたい場合は【東浦インターチェンジ】から高速道路に乗ってください。淡路インターチェンジからハイウェイオアシスには入れません。


開園時間・利用案内等

開園時間

朝9:00~夕方17:00
  • 開園時間前に駐車場に入ることはできません。
  • 入園終了時間は16:30です。それ以降の入園はできません。

休園日

年末年始

入園料

無料(駐車場も無料)

その他

  • 風向きにより、牛さんのにおいがすることがあります。
  • コスプレ姿での入園が禁止されています。
  • その他、あわじ花さじきでは禁止事項や注意事項がやや厳しいです。ホームページや園内に記載の内容をよく読んでルールを守って利用しましょう。

あわじ花さじきの公式サイト

「あわじ花さじき」の最新情報やお知らせは公式サイトをチェック。

ss

◎あわじ花さじきのホームページ

◎あわじ花さじきのFacebookページ



以上、淡路島で一番のデート&観光&写真スポット「あわじ花さじき」を20回以上行った僕が紹介するよ、という記事でした。

淡路島へのお出かけの参考にしていただければと思います。

★この記事がいいなと思ったら、ぜひシェアやいいね!をお願いします。


スポンサーリンク

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、更新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
iPhoneがPCで認識・表示されない時に、たった1秒で解決できた方法
次の記事 ≫
防草・霜よけにバークチップを使うときはメッシュ袋に入れると手入れがしやすくなるよ