毎日が自由研究

ふじたひであきの、行ってみたとこ・やってみたこと・体験したこと・わかったこと。

トップページ ベリーの栽培> ブルーベリーに鳥よけネットハウスをDIYしてみたよ|家庭菜園の鳥対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

実がふくらみはじめたら、鳥対策をしておこう

ぼくの家の小さな庭で栽培している、鉢植えのブルーベリーとボイセンベリー。

先日はコガネムシ対策をしました。

01-2

花の時期が終わって実がふくらみはじめたら、そろそろ鳥対策をしておきましょう。

01-3

うちでは以前は「鳥対策」をしなくても、鳥にベリーの実を食べられることはなかったのですが、

ある夏にヒヨドリにやられて以来、鳥の被害に遭うようになったんですよね。

ということで、今はまだ鳥に悩まされてない人も、対策を考えておいたほうがいいですよ。

「鳥よけネット」で木を囲むのが確実です

鳥害対策には、「キラキラ光るテープ」を張るとか、 「フクロウの置物」を置くとかいろいろありますが、

やはり木を鳥よけネットで囲むのがいちばん確実な方法です。

ということで、今回ぼくはこんな「鳥よけネットハウス」を作りましたよ。

03-7

「鳥よけネット」と「園芸支柱」を組み合わせて作るこのネットハウス、

低コストで&スペースや木の大きさにあわせて好きなサイズで作れるのでオススメです。

IMG_0022

ということで、今回は「鳥よけネットハウスの作り方」をご紹介します。

スポンサーリンク


用意するもの

「鳥よけネットハウス」を作るのに必要なものは以下の通り。

1.園芸支柱

園芸用の支柱。長めのものを選べば大きくて広いハウスが作れます。今回は【太さ11mm×長さ180cm】を8本使いました。


2.鳥よけネット

一般向けに販売されている「防鳥ネット」。サイズがいろいろあります。


3.支柱の固定金具

支柱の固定金具。使う支柱の太さに合ったものを選びましょう。


4.フリーカットワイヤー

園芸用の針金。ネットを支柱に留めるのに使います。


◎その他、ネットを切る「ハサミ」など必要に応じて用意してください。




「鳥よけネットハウス」の作り方

必要なものが準備ができたら、さっそく作ってみましょう

01-5

1.四隅の支柱を立てる

まずはハウスの「」になる支柱を地面に挿していきます。

先にどれか1本を立てて、それを基準にほかの支柱の位置を決めるといいでしょう。

02-1
メジャーを使って横幅・奥行きを測れば、挿す位置が決められますね。

02-2
この支柱を結んだ線が「鳥よけネットハウス」の平面の面積になりますよ。

◎地面に支柱が挿せない時は

地中に石や木の根があって支柱が挿せないことがあります。そんな時は、挿す場所を少し変えればすんなり刺さることがありますよ。

地面そのものが硬くて刺さらない場合は「スクリュースコップ」を使って一度穴を空けてしまえば楽に挿せます。


2.ハウスの骨組みを作る

支柱をタテ・ヨコに組み合わせて、金具で留めます。

02-3

◎「結束バンド」を使うのもアリ

1箇所に2つの金具を取り付けるのが難しい場合は、2つめを「耐候タイプの結束バンド」に替えるとかんたんです。

02-4
また、仮組みをした時点で長さが余った部分はカットするといいですよ。

関連記事:園芸支柱をかんたんに切断する方法はこちら

◎どこかに固定すると強度が得られる

もしハウスを作る場所の周りに、フェンスや木など丈夫なものがある場合は、

支柱の一部をどこかに固定すれば、かんたんに強度が得られます。ぼくはびわの木に結束バンドで固定しました。

02-5
こうすれば、風でハウスが倒れたり、支柱が抜けたりしません。固定できるモノがある場合は、どこかに固定すると安心ですよ。

◎ハウスの骨組みが完成

こんなかんじで、園芸支柱を組み合わせて「鳥よけネットハウス」の骨組みが完成です。

02-8


3.ネットを張る

ハウスの骨組みが出来たら、「防鳥ネット」を取り付けます。

03-1

◎「面」ごとに分けてやると簡単

ハウスの「上面」「背面」「側面」「前面」というふうに、「面」ごとに分けてネットを張るとかんたんで失敗しません。

ネットを張る面の寸法をメジャーで測り、その大きさより少し大きめにネットを切って、針金で支柱に固定します。

作業の詳しい写真は割愛しますが、ネットを張ったハウスの様子をご覧ください。

◎前面を上から見た様子

ハウスの前面を上から見た様子。自撮り棒を使って高さ3mくらいから撮ってます。

03-2

◎斜め上から

03-3

◎後ろから

03-6

◎「びわの木」が出てる部分

このように木など障害物があっても、その部分だけネットを切り欠けばOK。うまくできてるでしょう?

03-5



できあがり

というわけで、「鳥よけネットハウス」が完成です。

開閉するところは洗濯ばさみを使うと便利

ハウスの前面や側面など、ときどき開閉したいところは「洗濯ばさみ」で留めておけば、いつでもネットを開けられます

03-7
水遣りや手入れの時に、洗濯ばさみを外せばネットがめくれますよ。

さらに、前面のネットを左右に分割すれば、半分ずつ開けることもできます。

03-9

こんなかんじで、左右にガバッと開いたり、くるくる丸めて天井の上にネットをあげてしまうこともできますよ。

IMG_0022

◎ネットの下端は地上20cmくらい

ネットの下端は地面に着かないように、また泥はねが当たらない程度に、地上20cmくらいにすると良いでしょう。

IMG_0023
もしこの20cmのスキマから鳥が侵入するようなことがあれば、その時はまた対策を考えます。



まとめ:ベリーの実が鳥に食べられる心配がなくなるよ

「鳥よけネットハウス」があれば、もう鳥にベリーの実が食べられることはないでしょう。近くを訪れる鳥にイライラせず、安心して栽培できますね。

04-2

というわけで、うちのベリーの実たちは順調に大きくなっていますよ。

04-3
楽しみにしていたベリーの実が、熟した途端に鳥に食べられてしまった経験がある人や、食べられてしまわないか心配な人は、

鳥よけネットハウス」を作ってみてはいかが?DIYは面白いし、オススメですよ。


◎ちなみに:広いスペースがあるなら、こんな便利なセット商品も

今回ご紹介したのは「狭いスペースでぴったりサイズのネットハウスを作る方法」でしたが、

広い庭や畑など、もっと広い設置スペースがあるなら、こんなセット商品もありますよ。

これなら、支柱を組み立てて、ビニルシートを防鳥ネットに変更するだけで完成です。

初めはぼくもこういうのを買おうと考えていたんですけどね、うちの庭は狭いので、園芸支柱でDIYするほうを選びました。設置場所の広さにあわせて選ぶといいですね


◎こちらの記事もオススメです

 鉢植えのコガネムシ幼虫対策にプラスチック鉢底ネットがおすすめ

スポンサーリンク

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、更新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
園芸支柱をかんたんに切断する方法を紹介するよ
次の記事 ≫
ブルーベリーの花が受粉したかどうかの見分け方を紹介するよ