MENU
カテゴリー

ボイセンベリー栽培メモ|春、花が咲いたら油かすを追肥する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

小さな庭の片隅で、今年もボイセンベリーの可愛い白い花が咲き始めました。

ブルーベリーの花が終わる頃に、木苺系の花が咲き始めるので、春はベリーの花がたくさん楽しめます。

ボイセンベリーの花が咲き始めたら、追肥する」というのが私の毎年の栽培スケジュール。

ところが、今年はなぜかうっかり、春の追肥を忘れてしまったのです。

たぶんそれが原因で「花の数が少ない・増えない」という状態に。

今回はそんなボイセンベリーの「開花」と「肥料」の関係について、備忘録的に書き記しておきます。

ラズベリー、ブラックベリー、ボイセンベリーなど「木苺系のベリー」を栽培している人の参考になればと思います。

この記事は、木苺系のベリーの木の「花が少ない」「実が少ない」などの問題を解決する手掛かりになるかもしれません。

このページの目次

今年はなぜか花・つぼみの数が少ない

通常、ボイセンベリーの花が1つ咲きはじめると、後から後から蕾が出てきて、どんどん花が増えていきます。

ボイセンベリーの白い花の写真

例年なら、最初の花が咲いてから2週間くらい経つと、花や蕾の数がピークを迎えます。

ところが、今年は様子が変なのです。

最初の花が咲いてから2週間経つのですが、花・つぼみの数がまばらで、例年の同じ時期よりも少ないのです。

最初に咲いたグループの後に、どんどん増えてくるはずの蕾と花が出てこないのです。

現時点で出てきている蕾の数が少ないということは、1~2週間後に咲く花も少ないということ。

花が咲かないと、実がつきません、困ります…。

原因は何だろう?

昨夏から冬にかけては、例年通りに施肥・剪定などのお世話をしてきました。

3月末頃から枝葉はぐんぐん伸びていて、木の健康状態にも変わりはないように見えます。

ボイセンベリーの枝葉が茂っている様子

それなのに、開花期の生育状況が例年と違うのはなぜでしょうか?

追肥を忘れていた!

「木が元気そうなのに、花や蕾が少ない」という状態から考えられるのは、
「花や蕾を作る栄養が足りない」ということ。

栄養が足りない?

そう、私は今春、この時期にするはずの「追肥」を忘れていたのです。

例年通りであれば、私は「開花したら追肥」というスケジュールで栽培していました。

追肥を忘れてしまったことで「花や蕾を作る栄養が足りない」という状態になり、それが花・つぼみが増えない原因だと、現時点では考えています。

私の施肥スケジュール

地域差などがあり、なかなか正解がない植物の栽培。

ボイセンベリーの植木鉢の写真

私は自宅でのボイセンベリーの栽培において、下記のような施肥スケジュールを組み立てています。

1~2月頃:施肥しない

「元肥」をこの時期に施肥すると書かれているテキスト等が多いですが、この時期に肥料分が多いと葉ばかり茂るという文献もあります。

実際、私の家でも過去に「葉ばかりで、花が少ない・実の収量が少ない」という状態だったので、冬の施肥をしないようにしてから、花が増え、実が増えました

4月末~5月初頃:開花したら追肥する

春、私の家では大体ゴールデンウィークの頃から花が咲き始めます。

そして、必ず「花が咲き始めてから追肥」をします。

これには理由があって、開花前に施肥すると、やはり「葉ばかり茂って、その後発生する花が少なくなる→収穫量が減る」という傾向が過去にあったからです。

花が咲く1ヶ月くらい前には、緑の葉っぱが伸びてきて、それを見ると肥料をあげたくなりますが、最初の花が咲くまで待って、咲いたらすぐに追肥するのです。

前述の通り、私は「冬季の元肥を絶っている」ので、開花初期に補給する肥料が重要です。これを忘れると、栄養不足で新たな蕾の発生が減ることにつながります。

そんな肝心の「開花期の追肥」を、なぜか今年は忘れてしまって、咲いた花を「かわいいな~」とただ眺めていたのです。反省。

ちなみに、この時期の肥料は有機質肥料の「油かす」で、花や実の栄養になる「リン酸」を多く含む『骨粉入り油かす』を私は使っています。

7月頃:収穫が終わったら、お礼肥

すべての実の収穫が終わったら、夏剪定をして、お礼肥を施す。(油かすではない有機質肥料を使用)

夏、有機質肥料はカビや虫が発生しやすいので「化成肥料」がよいという話もありますが、有機質肥料に発生するカビは良い菌なので、見た目を気にしなければ問題ないと思います。

10~11月頃:追肥する

芽の形成と休眠に向けて、有機質肥料を施肥する。

上記の通り、私の栽培環境では「冬季の元肥」をしないので、秋のこの追肥が「春まで持たせる元肥」の役割も担います。

秋雨が続いているようなら、肥料が水で無駄に流れてしまうので、晴れてから行なう。

少し遅れたけど、追肥した

前述の通り、「開花に合わせた追肥」を忘れたことが、今季の花・つぼみの数が増えてこない原因だと現時点では考えています。

本来の追肥タイミングからすでに2週間以上経過していますが、栄養は必要なので追肥を行いました。

ボイセンベリーの植木鉢と、肥料「骨粉入り油かす」の袋の写真

植物の生育には色々な「タイミング」が大切なので、遅れた肥料が間に合うかどうかはわかりません。

もし間に合えば、つぼみが追加で発生して、花が咲き、実になってくれるでしょう。

一般に、有機質肥料が効くのには時間がかかると言われますが、成分や使用環境にもよります。

私が使っている肥料

私が開花期に使っている肥料は「骨粉入り油かす」。

この肥料はリン酸が豊富で比較的効果が早い肥料なので、今年は施肥が遅れたけれど、まだ間に合う可能性があります。

「原因の考察」と「遅くなった肥料」、出来ることはやったので、このまま様子を見たいと思います。花が増えるといいな。

まとめ

今回は「ボイセンベリーの花が咲き始めたら追肥する」という栽培スケジュールの例と、

追肥を忘れて、花が少なくなってしまった」という失敗エピソードをお伝えしました。

人によって栽培環境は異なりますが、ラズベリー、ブラックベリー、ボイセンベリーなど「木苺系のベリー」を栽培している人の参考になる部分があればと思います。

その後の様子は?

その後の「ボイセンベリーの木の生育状況」や「実の様子」などは、私のインスタグラムで収穫期に投稿します。

はたして花は増えてくるでしょうか?実はたくさんできるでしょうか?

ちょっと心配ですが、これから毎日が楽しみです。

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
このページの目次
閉じる