MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

パッタイを食べに行ったらお店が無くなっていて、それでも私はパッタイを食べた。

2020 5/16
パッタイを食べに行ったらお店が無くなっていて、それでも私はパッタイを食べた。

タイ料理の焼きそば「パッタイ」。

ナンプラーを使った独特の味付けが「くせになる美味しさ」なので、私は時々食べたくなります。

先日、たまたまテレビの料理番組『男子ごはん』で、パッタイを作って食べているのを見たんです。そしたらまた食べたくなりました。

ということで、今回はタイ料理のお店にパッタイを食べに行くことにしました。

このページの目次

お気に入りのタイ料理屋さん「元町 六番」へ

神戸の元町駅近くにあるタイ料理のお店「元町 六番」に行きました。

私はこのお店のパッタイがお気に入り。

なんと、お店が無くなっていた(愕然)

お店がある路地を歩いていると、なんだか違和感。あれ?お店の前を通り過ぎた?

違う、お店が無くなっている…

「元町 六番」があった建物は、新しい別のお店に生まれ変わっていました。

「元町 六番」はこんなお店でした

「元町 六番」は、お店の前にトゥクトゥク(=タイのタクシー)のオブジェが飾られていて、タイの雰囲気満点のお店でした。

タイ料理店「元町 六番」の店舗外観
以前撮った「元町 六番」のお店の外観

友達や家族とも食事に行った事がある、お気に入りのお店だったので、このお店が無くなったことを本当に残念に思います。

いつ閉店したんだろう?どこかに移転したんだろうか?ネットで調べてみましたが、何も情報は見つかりませんでした。もし何か知っている人がいたら教えてください。食べログではまだ閉店マークが付いていませんでした。

「パッタイ」を求めて歩き回った

お気に入りのタイ料理店が無くなっていたことは残念ですが、私は「パッタイ」を食べに街へ出てきたのです。

パッタイを食べるまでは帰れない。お腹も空いた。

ということで、元町・三宮エリアを歩いてタイ料理のお店を見て回りました。

神戸の街中にはタイ料理店がたくさんある

食べログで検索してみると、元町~三宮間の500m四方に9軒ものタイ料理店が見つかりました。

100m歩けば1軒タイ料理店に出会うかんじです。

実際に歩いて何軒かのお店を見て回って、「良いな」と思ったお店に入ってみました。

タイ料理店「バーンタイ」は超満員だった

初めてのお店「バーンタイ」というお店に入ってみました。そしたら、薄暗い店内にぎっしりと人の姿が。

タイ料理店「バーンタイ」の外観
タイ料理店「バーンタイ」の外観

「ちょうど満員になってしまったところで、さらに予約が3組入っているので、しばらくご案内できない」という大繁盛の状況を、お店の人が申し訳なさそうに教えてくれました。

人気のお店なんですね。美味しいんだろうなぁ。また改めて行きたいと思いました。

ふたたび、パッタイを求めて歩き回る。

「スワンナプームタイ」というお店に入ってみた

そして私が訪れたのは「スワンナプームタイ」というお店。タイ料理店としては小綺麗でいいかんじです。

スワンナプームタイの店舗外観

気温35度に迫る暑さの中を歩き回って、ようやく涼しいお店の椅子に座れてホッとしました。

スワンナプームタイの店内の様子

そう、「やっとパッタイが食べられる!」

パッタイのランチを食べる

「スワンナプームタイ」のランチのパッタイセットはこんなかんじ。スープと唐辛子がいてきました。

タイの焼きそば「パッタイ」のランチの写真

アジア料理のお店のスープは、いつも例外なく美味しいです。美味しいスープが他のお料理とも合うんですよね。

サラダを追加したらパッタイ2皿みたいになった

ランチセットに「サラダ」をプラスできるとメニューに書いてあったので注文したところ、出てきたのはなんと「春雨サラダ」。写真では奥の白いお皿です。

タイの焼きそば「パッタイ」のランチの写真

「いや、パッタイとそっくりやん…(笑)」って思いましたね。

サラダの内容はたぶん日替わりなのだと思いますが、パッタイに春雨サラダは余計でした(笑)

次回からはパッタイの時にサラダを付けるのやめておきます。

パッタイ!美味しい!

ずっと食べたかった「パッタイ」。やっぱり美味しいです。

タイの焼きそば「パッタイ」と「春雨サラダ」の写真

お米の麺・野菜・エビ・調味料の、この「ごちゃ混ぜ感」が最高です。

一口でいろいろな味や香り・食感が飛び込んでくるお料理なので、食べていると楽しいですね。

お好みでかける唐辛子は、辛味よりも旨みが強く、見た目ほど辛くはないので、たっぷりかけるとより美味しかったです。

レモンも途中で絞ってみると、味が引き締まって美味しいですね。

私は揚げ物とかにレモンは要らない派なんですが、パッタイとナシゴレンには絶対レモンをかけたほうが美味しいと思っています。

発見:同じパッタイでも、お店によってかなり違う

このお店でパッタイを食べていて気付いたのは、「あ、また自分にとっての新しいパッタイだ」ということ。

タイの焼きそば「パッタイ」の写真

パッタイって、お店によって味付けや具材のバランスが違うんですよね。

麺の太さも大きく分けて3種類あるそうです。麺が変わるとまったく別物みたいなかんじ。

だから、違うお店に行くと、食べるたびに全然違ったりするんです。そして、どれもそれぞれに美味しい。

このお店のパッタイは、麺が中太で、味には甘味を強く感じました。にら・もやし多めで、野菜たっぷり&彩りがあって良いですね。

以前、テレビ番組「モヤモヤさまぁ~ず2」で狩野アナが「タイに行った時、一週間毎日パッタイを食べ続けた」という話をしていました。

お店によってそれぞれ違う味を楽しめるなら、飽きない理由も解りますよね。

まとめ:パッタイ美味しい、食べ比べも面白い

タイ料理屋さんの本格的なパッタイは、やっぱり美味しかったです。

また、今回初めて入ったお店で食べたパッタイに「お店ごとの味の違い」を感じました。

違いが楽しめるからこそ、自分好みの味を探して食べ比べる必要があるなーと思いました。

これからしばらくマメにお店のパッタイを食べてみます。

お家で作るパッタイも美味しい!

ちなみ、うちでは下記のような「パッタイが作れるセット」を買って、家でパッタイを作って食べることもあります。

家庭で作るパッタイも、また違った味わいが楽しめますよ。

以上、この記事を読んでくれたあなたが「パッタイを食べたい気分」になっていてくれたら嬉しいです。

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このサイトの筆者

兵庫県神戸市出身、フォトグラファー/ウェブライター/自転車用品の開発者。「やってみること」と「伝えること」が好きなクリエイターです。

≫ 詳しいプロフィールはこちら

このサイトでは私の暮らし・体験の中から、ときどき誰かの役に立つ情報をお届けしたり、誰かを応援することを目的に綴っています。

このページの目次
閉じる