MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

カリカリ&サクサクで中身は色んな味|神戸発の揚げまんじゅうが超美味しいよ

2020 5/26
カリカリ&サクサクで中身は色んな味|神戸発の揚げまんじゅうが超美味しいよ

美味しすぎる「揚げまんじゅう」のお店を教えます

揚げまんじゅう」は好きですか?

こちら兵庫県、神戸の町には美味しすぎる揚げまんじゅう」がありますよ。

もう「究極の揚げまんじゅう」と呼んで良いレベル、本当に美味しいんです。

ということで今回は、私が2009年から通い続けている、オススメの揚げまんじゅうのお店をご紹介します。

お取り寄せが可能です。他府県の人も食べられますよ。

このページの目次

「神戸天ペロ」という和菓子屋さん

そのお店は「神戸天ペロ」というお店。神戸の須磨寺前商店街にあります。

「須磨寺前商店街」の風景

こだわりの逸品だけを作り続けるお店

『神戸天ペロ』は、一般的な「色とりどりの和菓子がなんでも揃う普通の和菓子屋さん」とは少し違います。

美味しさや製法にとことんこだわり抜いた、いくつかの限られた商品だけを作り続けていますよ。

「神戸天ペロ」の店頭にお菓子が並んでいる様子

そんなお店だから、「神戸天ペロ」にはいつも他のお店にはないような美味しさや発見があるんですよね。

なかでも特にオススメなのが、看板商品の「揚げまんじゅう」。

名物「揚げまんじゅう」は究極の美味しさ

このお店の「揚げまんじゅう」は本当に美味しい、ここにしかない特別なお菓子です。

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの写真
お店の人に許可を得て転載しています。

カリカリ&サクサク、美味しすぎる揚げまんじゅう

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅう、

その見た目はよくある「かりんとう饅頭」に似ていますが、食べてみると風味も食感も知っているものとは違うことがわかります。

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの写真

まんじゅうの外皮の部分がとても美味しく、食感は驚くほどカリカリでサクサク

その独特の食感に、初めて食べた人は誰もが驚きます。一口食べれば嬉しくなってしまいますね。

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの写真

そして、歯ざわりだけでなく生地そのものの味が良く、また中身の「餡」もすばらしい。

一度食べれば忘れられない、そんな揚げまんじゅうだと思います。

いろいろな味があるよ

サックサクの皮につつまれた中身の「」にはいろいろな種類がありますよ。

たくさんの種類の揚げまんじゅうが置かれている様子

そのどれもが超おいしいんです。

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの写真
お店の人に許可を得て転載しています。

以前からある「あずき」「抹茶」「黒ごま」「金時いも」「カスタード」に、

最近さらに「くるみ」が仲間入り。

さらに季節限定・店頭限定で「」「」「ショコラ」などの種類も。

お店に並ぶ商品の種類は、時期によって変わることがあります。

私のオススメはこの3種類

どの味も本当に美味しくて甲乙つけ難いのですが、

あえてオススメを選ぶなら、以下の3種類をピックアップします。

カスタード

神戸天ペロは和菓子屋さんなのにカスタードクリームも上手。
カスタードクリームは揚げまんじゅうの外皮と相性抜群で、まさに完成された美味しさです。
和菓子というより「和スイーツ」というかんじで、コーヒーにもよく合います。

黒ごま

こんがりサクサクの皮の中に、黒ごまの風味が詰まっています
天ペロの揚げまんじゅうの中で一番香ばしさが楽しめるのが黒ごま味です。くせになりますよ。

桜色の白餡に、桜の葉の塩漬けが混ぜ込まれています。
ほどよい甘味と塩味が効いたその味は、まるで「桜餅」のような風味が楽しめます。

「桜」風味の揚げまんじゅうの写真
「桜」の揚げまんじゅう

究極の食感の秘密は「急速冷凍」

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの特長であるカリカリ&サクサクの食感は、

揚げたてを急速冷凍することで実現されていますよ。

これを解凍することで、いつでも揚げたての美味しさが楽しめるというわけ。

解凍して食べる

通常、購入時は冷凍状態で販売されているので、常温または冷蔵庫で解凍して食べます。

買ってすぐに食べたい人のために、店頭にはあらかじめ解凍したものも一部用意されていますよ。

食べる当日に解凍しよう

解凍後は1~2日で本来の食感が損なわれるので、美味しく食べるためには食べる当日に解凍します。

店頭で購入したものは、家に持ち帰る頃には食べごろになっていることが多いので、その日に食べる分や、よそ行きのお茶菓子にはちょうど良いです。

通販なら冷凍便で凍ったまま届くので、好きなタイミングで解凍できますね。

冷たいまま&温めてもおいしい

しっかり解凍したものはもちろん、半解凍くらいの冷んやりした状態も美味しく、お好みの食べ方が楽しめます。

夏は冷たいままでも美味しく、冬は温めて食べても美味しいですよ。

特に「カスタード味」は温めても、冷たいのもどちらもアリですね。

おいしさの秘密は素材と手作りへのこだわり

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの美味しさは、そのこだわりの証しです。

私は2009年にこのお店に出会って以来、ずっと通い続けて、お店の人に美味しさの秘密をいろいろ教えてもらいました。

そして最近、お店のホームページがリニューアルされて、その中でついに美味しさの秘密が明かされたので、以下そのことばを引用してご紹介します。


特別な素材、手間を惜しまない製法

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの製造イメージ写真
お店の人に許可を得て転載しています。

天ペロの揚げまんじゅう生地は、精製糖を使用しない鹿児島沖縄産の黒糖・粗糖と、独自の比率で配合した小麦粉を混ぜ合わせた特別な生地です。

この生地にて包餡し、ふんわりと蒸しあげた後に油で揚げると、誰もが予想を裏切られるであろう類まれなサクサク食感をお愉しみいただけます。

「神戸天ペロ」ホームページ

すべてを手作り

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの製造イメージ写真
お店の人に許可を得て転載しています。

天ペロの揚げまんじゅうは、すべて手作りです。

美味しさを追求するために「餡作り」「生地作り」「包餡」「蒸し」「揚げ」の各工程に一切の妥協を許さず、一つ一つ真心を込めて製造しております。

「神戸天ペロ」ホームページ
「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうの製造イメージ写真
お店の人に許可を得て転載しています。

こだわりの素材・原材料を使用し、手間暇をかけた弊社独自の製造方法で誕生した、天ペロの揚げまんじゅうは、他では味わえない、濃厚でサックサクの食感に仕上がりました。

「神戸天ペロ」ホームページ

というかんじで、美味しさにとことんこだわって作られているから、本当に美味しいんですね。しかも、年々美味しくなってるんです。

神戸天ペロは美味しさを追求して改良を重ねたり、新しい美味しさ生みだしたり、いつも頑張っているお店ですよ。

まとめ

ということで今回は、神戸にある揚げまんじゅうが美味しいお店「神戸天ペロ」をご紹介しました。

本当に美味しい「究極の揚げまんじゅう」だと私は思っているので、

神戸を訪れたらor通販で、ぜひ食べてみてほしいです。グルメなあなたにオススメですよ。

天ペロの「かき氷」もオススメです

アクセス&お店の情報

地図で場所をチェック

『神戸天ペロ』の場所はこちらです。

JR須磨駅・国道2号線付近から北に少し行ったところです。山陽須磨寺駅が最寄駅です。

お店についての情報

営業時間・定休日等は最新の公式情報をご確認ください。

『食べログ』にも掲載されています。(非公式情報が含まれます)

ココでも買えるよ

「神戸天ペロ」の揚げまんじゅうは、須磨のお店のほかに以下の場所でも買えます。

  • 新神戸駅のお土産売り場
    新幹線の【新神戸駅】にある「アントレマルシェ」というお土産売り場の和菓子コーナーにありますよ。
  • 淡路ハイウェアイオアシスのお土産売り場
    淡路島の淡路ハイウェアイオアシスのお土産売り場にも天ペロの商品が出展されています。

いずれの場所も売り場が広いので見つけにくいですが、通常「揚げまんじゅう」は冷凍状態で販売されているので、まずは「冷凍庫」を探してみてください。

時期により取り扱いが無い場合や、取り扱いを終了する可能性があります。ご留意ください。

こちらの記事もぜひ参考に

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

このサイトの筆者

兵庫県神戸市出身、フォトグラファー/ウェブライター/自転車用品の開発者。「やってみること」と「伝えること」が好きなクリエイターです。

≫ 詳しいプロフィールはこちら

このサイトでは私の暮らし・体験の中から、ときどき誰かの役に立つ情報をお届けしたり、誰かを応援することを目的に綴っています。

このページの目次
閉じる