MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

2017年に新しくOPENする京都大原ブルーベリー農園をどこよりも早くリポート

URLをコピーする
URLをコピーしました!

京都市内に初の「ブルーベリー観光農園」が開園

自然豊かな山里の風景が広がる、京都大原

その地に、新たなブルーベリー農園が開園します。

ブルーベリーの木にたくさんの実が付いている写真

ブルーベリーが大好きな私は、オープン前のブルーベリー農園一足お先に見学させてもらってきたので、

どんなブルーベリー農園なのか?その特色や魅力をご紹介します。

なお、このページの一部の画像は『京都大原ブルーベリー農園』の方に許可を得て公式サイトより転載しています。

このページの目次

京都大原ブルーベリー農園|2017年初夏OPEN

その農園の名前は『京都大原ブルーベリー農園』。

2017年6月の開園にむけて、現在準備が進められていますよ。

「京都大原ブルーベリー農園」のホームページのスクリーンショット

2016年現在は、開園に向けてブルーベリーの木を育てているところ。大きくなるのが楽しみですね。

たくさんのブルーベリーの木が並んでいる様子

京都大原ブルーベリー農園のココが良い

京都大原ブルーベリー農園」にはいくつかの特色があります。

私が特に「いいな~♪」「なるほど!」と思ったのは次の3つのポイント。

特色1|色々な品種のブルーベリーを食べ比べできる

「京都大原ブルーベリー農園」では、おいしさにこだわって厳選された27品種のブルーベリーが栽培されていますよ。

木に付いているブルーベリーの実の写真

ブルーベリーの実は品種ごとに味や香り、食感、実の大きさもさまざま

そんな色々な種類のブルーベリーを一度に楽しめるのが魅力です。

特色2|珍しいピンク色のブルーベリーにも出会える

品種ごとにそれぞれ個性があるブルーベリーの実。

中には「完熟するとピンク色」になるという珍しい品種も

ピンク色のブルーベリーの実の写真

「京都大原ブルーベリー農園」では、

そんな「いままで見たことない・食べたことないブルーベリー」にも出会えます。

特色3|大原の自然がブルーベリーをより美味しく

昼夜の寒暖差が大きい大原の地形はブルーベリーの栽培に最適で、より美味しい実に育つんだそう。

「京都大原ブルーベリー農園」がある大原の風景写真

さらに、ブルーベリーの栽培に必要な水は、大原を流れる鴨川(高野川)の源流の地下水をくみあげて使用されています。

「京都大原ブルーベリー農園」の近くの川の写真

「京都大原ブルーベリー農園」のブルーベリーの実の美味しさには、大原の自然の恵みが生きているんですね。

農園を見学&ブルーベリー狩りさせてもらった

「京都大原ブルーベリー農園」、オープンは来年ですが、ブルーベリーの実はすでにいくらか収穫できる状態にあると聞いたので、

ブルーベリーが大好きな私は「ぜひ見学&味見させてもらいたい」と思い、さっそく連絡を取って、神戸からはるばる訪ねてみました。

「京都大原ブルーベリー農園」の入り口付近の写真

ブルーベリーの木、成長中!

農園では、ずらりと並んだブルーベリーの木が元気に枝葉を伸ばしていました。

まだまだ木が若いので小さな木が多いですが、ここからぐんぐん伸びて、2017年の初夏にはブルーベリー狩りが楽しめる大きさに育ちます

たくさんのブルーベリーの木が並んでいる様子

「京都大原ブルーベリー農園」では、木を地面に植えるのではなく、「植木鉢」と「液肥」を使った新しい栽培方法を採用していますよ。

この方法は、地植えにする場合よりも木が早く成長します。

勢いのある木は、もうこんなに大きくなっていて、実もたくさん付いてましたよ。

たくさんのブルーベリーの木が並んでいる様子

ブルーベリー狩りをさせてもらった

この木は早くもブルーベリー狩りができそうに、たくさん実が付いてますね。

ブルーベリーの木にたくさんの実が付いている写真

ということで、ブルーベリー狩り!

農園内のたくさんの木をめぐりながら、ブルーベリーの実を味見させてもらいました。

ブルーベリーの実、かなり美味しいです

「京都大原ブルーベリー農園」のブルーベリーの実はかなり美味しいです。

1粒食べれば「ハッ」とするほど、香りが良くて、味が濃いですね。すばらしい。

ブルーベリーの木にたくさんの実が付いている写真

食べ比べると、本当にいろんな味、楽しい!

京都大原ブルーベリー農園の特色の1つ、「いろんな品種を食べ比べできること」。

これが本当に面白くて、歩き回って食べ比べれば、いろいろな味に出会えます

ブルーベリーの木にたくさんの実が付いている写真

「何か他のフルーツを連想させる味の実」や「ハーブのような香りがする実」など、本当にいろんな風味の実があるので、

ぜひ色々食べ比べて、お好みの品種を見つけてみてほしいですね。

ピンク色のブルーベリーも食べてみた

こちらは、完熟するとピンク色になる「フロリダローズ」という名前の珍しい品種。

ピンク色のブルーベリーの実の写真

一般的なラビットアイ系のブルーベリーなどは「ピンク色の時は熟れていない」ので、このような色の実はとても食べられる状態ではありません。

そのため、このピンク色の実を見ると「本当にこれ食べられるの?」と思ってしまいますが、フロリダローズはこれで食べ頃の色。

青いブルーベリーと比べると、こんなに違う

青色とピンク色のブルーベリーの実を並べた写真

珍しいピンク色のブルーベリー「フロリダローズ」。

その味は甘味が強く、ブルーベリーらしい香りもあり、

ピンク色の見た目から想像するよりもずっとブルーベリーらしい風味なんですね、意外でした。

こういう発見が本当に楽しい!

ブルーベリー狩りは美味しい&楽しい

というかんじで、ブルーベリーの実をたくさん味見させてもらいました。

京都大原ブルーベリー農園でのブルーベリー狩り、かなり楽しめますよ。

やっぱり、いろんな品種が一度に味わえるのがいいですね~。

たくさんのブルーベリーの実の写真

ブルーベリーの加工品やスイーツも販売

「京都大原ブルーベリー農園」では、ブルーベリーの摘みとりや果実の販売のほかに、

農園でとれたブルーベリーを使ったジャムやスイーツ、アイスクリームなどの販売も予定されていますよ。

ブルーベリーの実やジャムの写真

すでに試作もされていて、先日は地元大原の人たちを招いてブルーベリー摘みとり体験&試食会も開催されたそうな。

ブルーベリー狩りの時期は暑いので、ブルーベリーを使った冷たいスイーツが楽しみですね。

ブルーベリーが乗ったアイスクリームの写真

まとめ:京都大原ブルーベリー農園、オススメです

ということで今回は、

2017年に新しくOPENする「京都大原ブルーベリー農園」をどこよりも早くご紹介してみました。

「京都大原ブルーベリー農園」の入り口看板の写真

夏の京都・大原の観光に、また1つ楽しみが増えますね

また、「遠方からのお客さんだけでなく、地元京都の人に来て楽しんでもらいたい」と農園のかたは話していました。

ということで、地元京都の人もぜひ訪れてみてください

「京都大原ブルーベリー農園」のブルーベリーの実は驚くほど美味しいので、

ぜひたくさんの人に知って・訪れてほしいなと思います。

以上、「京都大原ブルーベリー農園」についてのリポートをお届けしました。

アクセス&その他情報

地図で場所をチェック

「京都大原ブルーベリー農園」の場所はこちらです。

アクセス方法

    • 京都市街から30分程度
    • 琵琶湖大橋付近からは20分程度
  • バス京都バス):
    • 京都市街から30分~1時間程度

開園期間・お知らせ等

開園期間や料金等などは決まりしだいホームページで随時お知らせされるので、

ブルーベリーの季節が近づいてきたらチェックしてみてくださいね。

公式情報はこちら

「京都大原ブルーベリー農園」の公式ページ&SNSはこちらです。

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
このページの目次
閉じる