MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

男の乾燥肌が無印良品のホホバオイルでだいぶ良くなりました

URLをコピーする
URLをコピーしました!

お肌の「保湿」って大切ですよね。それは女性だけじゃなく男性でも。

ということで、私も「化粧水」や「乳液」を使ってスキンケアをしているのですが、冬になるとなんだか水分足りていない気がするんです。

春~秋はツルツルなのに、冬になると急に乾燥肌になる部分があるんですよ。

しっかり保湿してるつもりなのに、なんで?

アレコレ試してみて解ったのは、不足していたのは水分じゃなくて「油分」だったということでした。

このページの目次

いくら保湿しても乾燥肌になる部分がある

私はカラダ全体で見ると肌の調子は大体良いかんじなのですが、部分的に乾燥肌になることがあるんですよね。

私の場合それは「くるぶし」や「背中の真ん中」「顔の髭を剃っているところ」などで、カサカサしたり、痒くなったりします。

で、そういう「部分的な酷い乾燥肌」には、化粧水や乳液を何度つけても、種類を変えてみても、全然良くならなかったんです。

不足していたのは水分じゃなくて油分だった

肌の乾燥といえば「保湿」。

保湿といえば「水分」を補うというイメージがありますよね。

ということで、肌に水分を保つことを目的とした「ヒアルロン酸入りの化粧水」とか、肌をしっとりさせる「乳液タイプの化粧水」など色々試してみたのですが、

なかなか良くならないので、化粧品売り場で働く知人女性に相談してみたところ、『オイル』を使ってみることをお勧めされました。

私の肌に足りなかったのは「水分」じゃなくて「油分」だったみたいです。へぇ~そうなんだ。

スキンケア用オイルの効果を体験

さっそくスキンケア用のオイルを使ってみました。

試供品のアルガンオイルで効果が実感できました

高級な「アルガンオイル」の試供品をもらっていたので、初めはそれを使ってみました。

そしたらオイルの効果はすぐに実感できました。塗ると肌が柔らかくなって、時間が経っても乾燥しなくなったんです。これは良い。

でも、アルガンオイルはかなり高価なので、ずっと使い続けるのは難しいなーと思いました。

調べてみると、「ホホバオイル」でも基本的な効果は大体同じで、しかもホホバオイルのほうがずっと安価だと解りました。

ということで、市販のホホバオイルを買ってみることにしました。

「ホホバオイル」を使い続けたら、お肌の調子が良くなりました

「無印良品」でホホバオイルを購入

「無印良品」でホホバオイルが手軽に買えると聞いたので、買ってきました。

無印良品のホホバオイルの写真

ホホバオイルはとても肌になじみが良くて、塗るとすぐにお肌はしっとりツヤツヤになります。

化粧水とはまったく違うかんじです。

使い続けるうちに、肌の状態がすっかり良くなりました

毎日の洗顔後や入浴後にホホバオイル使うようになって、1週間が経った頃からでしょうか、お肌の状態がだいぶ良くなったなと思いました。

そんなに乾燥していないと思っていたところも、実は乾燥していたみたいで、ホホバオイルを使い始めてからのほうが肌艶が良くなりましたね。

さらに、酷い乾燥肌の部分、ガサガサになって粉をふいていたところも数日でよくなって、痒みも引きました。うれしい。

ホホバオイルには“乾燥によって荒れた皮膚の痒みを抑える効果”があるらしく、アトピーに悩んでいる人も使っているとか。(合う・合わないは個人差があるみたい)

ホホバオイルの上手な使い方

ホホバオイルなどのスキンケアオイルの使い方にはポイントがあるので、かんたんにお伝えします。

基本的な手順

ホホバオイルやその他スキンケア用オイルの使い方はこんなかんじ。

  1. 肌のオイルを塗る部分を水でしっかり濡らす
  2. 水で濡れた肌にオイルを塗り伸ばす
  3. 肌にオイルが浸透してから化粧水を付ける

ポイントは2つ

オイルを塗る前に肌を濡らすこと

肌が水で濡れていないとオイルがスムーズに伸びないんです。しっかりと肌を水で濡らしてからオイルを使うことで塗りムラがなくなります。

化粧水はオイルの後ということ

「水分が蒸発しないようにオイルでフタをする」みたいなイメージがありますが、順番的にはそれとは逆なんですね。オイルで柔らかくなった肌には化粧水が浸透しやすいということで、この順番が効果的なようですよ。

肌の状態や塗る面積に合った「適量」を見つけよう

1回に使うオイルの適量は、肌の乾燥具合や塗る面積によって変わります。

肌が乾燥している時はオイルがたくさん浸透するので、塗っているとすぐにオイルが消えて不足するのが解ります。そんな時はいつもより多めのオイルが必要ですね。

私はいつもボトルから手の平に一滴ずつオイルを出して、滴数を数えるようにしています。顔全体で大体3滴くらいでしょうか。

そして「今日は肌が乾燥してるなー」と思う時は、いつもより1~2滴多めにするとちょうどいいかんじ。

肌につけるオイルの量は多過ぎても・少な過ぎても良くないので、自分に合った適量を見つけて上手に調節するのがポイントですね。

まとめ:乾燥肌に悩んでいるならホホバオイルを試してみて

こんなかんじで、私は冬に起きる『乾燥肌』の問題を「ホホバオイル」で解決することが出来ました。

私と同じような「水分保湿しても良くならない冬の乾燥肌」や「部分的な乾燥肌」に悩んでいる人で、

まだスキンケアオイルを試していないという場合は、一度「ホホバオイル」を試してみてはどうでしょう。

「お肌の状態」や「最適なスキンケア方法」は人によって違うそうなので、誰にでも必ず合うとはかぎりませんが、お肌の調子が少しでも良くなるといいですね。

私が使っている「無印良品」のホホバオイル

こだわる人に人気のオーガニック・ホホバオイル

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
このページの目次
閉じる