MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

「鳥肌の立つカレー」を食べてみた!専門店を超えた?いや超えてないけど美味しいです

URLをコピーする
URLをコピーしました!

私は時々、食品売り場の「レトルトカレー」のコーナーをじっくり見てしまいます。

そこには驚くほどたくさんの種類のカレーがあるから。

中にはかなり本格的な味わいで、クセになる美味しさのものもあって、多くのファンやリピーターを獲得している商品も。

近年では「無印良品のバターチキンカレー」がヒットして一躍有名になりましたね。無印のカレーを気に入って繰り返し購入している人もいるそうです。私も時々食べていますよ。

レトルトカレーって、かなり美味しいものや、新しい美味しさを提案してくれるものがあるので、時々売り場を発掘してみると面白いんですよね。

そんなわけで、また見つけてしまったんです。何やら「怪しげなパッケージ」のカレーを。

このページの目次

「鳥肌の立つカレー」チキンカレー

今回私が見つけたのは「鳥肌の立つカレー」というカレー。

カレーの写真を一切使わずにイラストだけで済ませたパッケージが目に留まったんです。「中身はいったいどんなカレー?」という興味が湧きました。

レトルトカレー「鳥肌の立つカレー」のパッケージ写真

お店で手にとって見てみると、パッケージの表にも裏にも色々文章が書かれていて、「このカレーへのこだわり」についてアレコレ語られていました。

カレー専門店の味を超えるレトルトカレーが可能であることを証明してみたかった。

カレーの旨さは、作り手の執念で決まる。

専門店カレーの味を凌駕する程の最高の味を提供するべく、執念の努力の末、遂にこのカレーを作り上げた。

語りすぎやろ。ハードル上げ過ぎやろ。

そう思いましたが、相当こだわっているというのは解りました。

これはちょっと食べてみたいですね。

食べてみた、これは美味しい!

一口食べて安心しました、おいしいです。

レトルトカレー「鳥肌の立つカレー」をお皿に盛り付けた様子

サラッとしていて、スパイスの風味があって、鮮烈な辛さがある。

日本の一般的なカレーと比べると、アジア料理やインド料理のお店で出てくる「本格スパイスカレー」に近い印象です。

素材の味が、ちゃんと感じられます。

「飴色になるまで炒めた玉ねぎ」の、あの甘味と苦味の中間みたいな味がバックにあって、そこにチキンや野菜のブイヨンの風味、トマトの風味など、いろんな風味が重なってます。

ごろっとチキンだけが唯一の具材

チキンカレーだから鶏肉がごろっと2・3個入ってます。具材と呼べるものはこの鶏肉だけ。

他の材料はすべてルーに溶けているかんじ。だからこそ味に深みがあるんですね。

レトルトカレー「鳥肌の立つカレー」をお皿に盛り付けた様子

本格志向なぶん、日本式のカレーとは全然違いますね。

「とろみ&まろやかさがあって具沢山」という日本のカレーとは真逆のようなカレーです。

日本のカレーにはある旨味や甘味も、このカレーでは弱め。

きっと好みがはっきり分かれるカレーだと思います。私は割と好きな味でした。でも具はもっと欲しいかも。

アジア料理やインド料理のお店のカレーと同じか?といえば、ちょっと違うと思う。

だけど、お店で出てきてもOKなくらい、良く出来た本格的なカレーでした。

まとめ:レトルトカレーは侮れない

私は以前はよくインド・ネパール料理店のカレーを食べていましたが、最近しばらくお店のカレーを食べていなかったので、ひさびさの本格カレーでした。

このような刺激的なカレーをまたお店で食べたいなって思いました。

レトルトカレーって完成度が高い商品が多くて、基本的にハズレはないです。どれもしっかり作り込まれてますね。

地方の食材を使った「ご当地カレー」なんかもあって、食べてみるとどれも本当に美味しいんです。

お店で見てみて気になったカレーは、どれも食べてみる価値ありそうです。

ちなみに、今回ご紹介した『鳥肌の立つカレー』には、同シリーズで「キーマカレー」もあるそうです。お店には無かったなー、これも食べてみたいです。

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
このページの目次
閉じる