毎日が自由研究

ふじたひであきの、行ってみたとこ・やってみたこと・体験したこと・わかったこと。

トップページ 滋賀県 野菜&果物』> アドベリー収穫祭(2013年)@道の駅「藤樹の里あどがわ」をリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
21

滋賀県の高島市 安曇川町の特産品『アドベリー』を知っていますか?

アドベリーは甘酸っぱくて美味しい夏の果実です。

今回はその産地にある道の駅「藤樹の里あどがわ」で、

2013年6月30日に開催された『アドベリー収穫祭』に行ってきので、その日のもようをお届けします。

◎この記事は、ぼくの過去のブログ記事を一部再構成し転載したものです。


スポンサーリンク

「アドベリー」ってどんな木の実?

アドベリー』は、一般的には「ボイセンベリー(またはボイズンベリー)」の名で知られている木の実で、

安曇川町で栽培されたボイセンベリーは特産品として親しみやすいように「アドベリー」という愛称が付けられていますよ。

adoberry

「まぼろしの果実」

アドベリー(ボイセンベリー)は、収穫期間が短く、保存・流通がむずかしいから、ほとんど市場には出回らない「まぼろしの果実」なんですよね。

だから、アドベリー大好きなぼくも、長い間『生果実』を食べたことはなくて、

今回のアドベリー収穫祭が「初めて生果実を食べられるチャンス」になりました。

◎アドベリーについてもっと詳しく

 「アドベリー」を知ってる?アドベリー大好きな僕が詳しく紹介するよ



アドベリー収穫祭2013をリポート

『アドベリー収穫祭』は、毎年6月に道の駅「藤樹の里あどがわ」で開催されますよ。

03

催しがいろいろ

「アドベリー収穫祭」は朝9時の開会式にはじまり、夕方までいろいろな催しが用意されていますよ。

せっかく訪れたなら、楽器の演奏やダンスなども観て楽しめるといいですね。

この日のスケジュールはこんなかんじ。

9:00 開会
9:10 (演奏)ふじ太鼓
9:40 摘みたて果実と安曇川高校生オリジナル商品の販売
10:30 (演奏)安曇川高校吹奏楽部
11:30 (演技)Emiko ハワイアンフラ
13:00 (演奏)本間秋良
14:00 (演奏)スマートタイムズ
16:00 閉会

この日ぼくは、朝9時前に道の駅「藤樹の里あどがわ」に到着。

開会式ではアドベリー生産協議会の人や、市長さん、学校の校長先生などのお話が聞けました。みんなアドベリーが大好きなんですね。



特設の売り場をチェック

まずは売り場をチェックしてみましょう。

この時期にココでしか食べられない「アドベリーの生果実」や、アドベリー収穫祭の「限定スイーツ」などがありますよ。

希少な「アドベリーの生果実」がずらり

アドベリーの生果実は希少です。まさにこの時期だけのお楽しみ。

◎売り場に並ぶたくさんの「アドベリーの生果実」

05
この日は収穫祭のために、安曇川高校の有志の生徒さんたちが朝7時から収穫を手伝ってくれたと聞きましたよ。

アドベリーを使ったスイーツがいろいろ

06

売り場には「生果実」のほかにも、
  • アドベリーかき氷
  • アドベリーソフトクリーム
  • アドベリーサイダー
  • アドベリーサンデー
  • アドベリーラスク
  • アドベリー大判焼
  • アドベリークレープ
などなど、アドベリーを使ったスイーツがいっぱい。

安曇川高校の生徒さんが頑張ってる

赤い帽子や赤いシャツ、赤いエプロンを身に付けているのは安曇川高校の生徒さんたち。

07
彼ら彼女たちがアドベリーの実を摘んでくれて、会場での接客販売や案内などを頑張ってくれていましたよ。

ここに集まったのは全校生ではなく、アドベリー収穫祭のために自ら手を挙げて協力することを選んだ生徒たち。

きっとこの中から、将来アドベリーの果実や食品を作る人が出てくるのかもしれない、なんてちょっと期待してしまう。



アドベリーを食べて楽しもう

ってことで「アドベリー生果実」やいろいろなアドベリースイーツを買って・食べて・楽しみましょう。

絶対に食べたい「アドベリー生果実」

この日いちばんの目玉は、やっぱり「アドベリー生果実」。

売り切れることもあるから、まずは生果実をゲットしておきたいですね。

09
慣れない接客販売にぎこちない男子生徒2人にお金を渡して、生果実を2パック売ってもらいました。超ぎこちないの。

そして念願の「アドベリー生果実」を食べる。

10

初めて見る「アドベリー生果実」。なんて大きなベリーの実だろう。1粒で口いっぱいになる大きさです。

11
アドベリーには真っ赤な果汁が詰まっていて、口に入れるとすぐに甘酸っぱいジュースが溢れます。香りも良い。生果実はこんなに美味しいんだ。

初めて食べたアドベリーの生果実、「これは毎年ここへ来て食べたい」と思える記憶に残る美味しさでしたね。


アドベリースイーツいろいろ

それから、アドベリーを使ったスイーツも買ったり食べたりしてみましょう。

アドベリーを使ったシュークリーム

こちらはアドベリー収穫祭の当日限定スイーツ。

安曇川高校の生徒さんたちがアイディアをだして、地元のお菓子屋さんと協力して作ったお菓子」ということで、この日の注目商品でした。

08

もちもちあどしゅー』というこのお菓子。ちょっとめずらしくて美味しかったですよ。

18
よく膨れた大きめのシュー生地の中にアドベリーソースと求肥(ぎゅうひ)、そしてたっぷりのカスタードクリームが仕込まれていましたよ。

食べてみるとどんな感じかというと、

19
サクッと噛み切れそうで、ちょっと噛み切れない、もちっと伸びちゃう(笑)

この「シュー生地に求肥を入れる」という発想が面白いですね。

そして、カスタードクリームとアドベリーソースがベストマッチ。カスタードとベリーの組み合わせは良く合いますよね。

「もちもちあどしゅー」は大人気、すぐに完売

安曇川高校オリジナルのお菓子はアドベリーの生果実よりも人気で、買いたい人の列ができて、合計数百食あったお菓子はものの1時間ほどで完売しました。

04

アドベリーサンデー

そしてこちらは『アドベリーサンデー』。

コーンフレークにバニラアイス、そこにアドベリーソース&アドベリー生果実。美味しいですよ。

14
「アドベリー生果実が乗ったデザート」が食べられるのは本当この時だけだから、こういうの嬉しいですね。

アドベリーソフトクリーム

それから、ここへ来たらぜひ食べておきたいのが『アドベリーソフトクリーム』。

アドベリー感が強くて美味しいんですよね。

12

で、今回は普段とは違う特設売場の小型のマシンで作ってくれたので、こんなドイヒーな形に(笑)

13
中の攪拌が上手くいってなくて硬くなりすぎですね。ニュ~っと出るはずのところが、ブニュブニュっと出てます。

見た目はアレでしたが、やっぱりアドベリーソフトクリームは美味しいです。オススメですよ。


道の駅でお買い物を楽しむ

さて、道の駅「藤樹の里あどがわ」では、安曇川町や高島市内でとれた農作物が販売されていますよ。

かなり美味しい野菜や果物が買えるので、ぼくもいつも色々買って帰ります。

15

トマトや椎茸は特にオススメですね。安曇川町や高島市にはかなり腕の良い生産者さんがいるんだな~というかんじです。

16

今回のお土産はこんなかんじ。美味しいトマトに、旨い椎茸。このほかにも野菜をいろいろ買いました。そして家に帰ってからもアドベリーを食べましたね。

20
道の駅「藤樹の里あどがわ」を訪れると、ついつい色々買いすぎてしまうくらい、良いものがたくさん売られていますよ。行くたびに売り場を要チェックですね。


まとめ

というかんじで、いろいろ買って食べて楽しめる

アドベリー収穫祭』、行ってみてよかったです。

グルメ旅が好きな人におすすめしたいですね。

21
この日この場所でしか出会えないものがあり、価値ある時間が過ごせましたよ。

年に一度の「アドベリー収穫祭」、あなたも次の機会に訪れてみてはいかが?

◎こちらの記事もオススメです

 「アドベリー」を知ってる?アドベリー大好きな僕が詳しく紹介するよ

 2016年のアドベリー収穫祭のリポート記事はこちら

スポンサーリンク

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、更新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
次の記事 ≫
プロフィールと自己紹介