MENU
カテゴリー
サイトをリニューアルしました詳しくはこちら

アドベリー収穫祭(2016年)in 道の駅「藤樹の里あどがわ」をリポート

URLをコピーする
URLをコピーしました!

滋賀県の高島市、安曇川町の特産品『アドベリー』を知っていますか?

アドベリーは甘酸っぱくて美味しい夏の果実です。

今回はその産地にある道の駅「藤樹の里あどがわ」で、

2016年6月19日に開催された『アドベリー収穫祭』に行ってきので、その日のもようをお届けします。

アドベリー収穫祭が開催されている「道の駅藤樹の里あどがわ」の様子

筆者は2013年以来、毎年この『アドベリー収穫祭』を訪れています。

このページの目次

「アドベリー」ってどんな木の実?

『アドベリー』は、一般的にはボイセンベリー(またはボイズンベリー)の名で知られている木の実で、

安曇川町で栽培されたボイセンベリーは特産品として親しみやすいように「アドベリー」という愛称が付けられていますよ。

アドベリー生果実の写真

「まぼろしの果実」

アドベリー(ボイセンベリー)は、収穫期間が短く、保存・流通がむずかしいから、ほとんど市場には出回らない「まぼろしの果実」なんですよね。

アドベリーについてもっと詳しく

アドベリーについて、より詳しい情報は下記のページでご紹介しています。

アドベリー収穫祭2016をリポート

『アドベリー収穫祭』は、毎年6月に道の駅「藤樹の里あどがわ」で開催されています。

特設の売り場でアドベリーなどを販売

こんなかんじで、道の駅に特設の売り場が設置されて、

アドベリーの生果実」や「アドベリーを使ったスイーツ」などが販売されますよ。

アドベリー収穫祭が開催されている「道の駅藤樹の里あどがわ」の様子

楽器演奏やダンスなどの催しもあるよ

「アドベリー収穫祭」の当日は、朝から夕方まで楽器演奏やダンスなども披露されるので、いろいろ楽しめます。

この日私が訪れた時には、ちょうど「ハワイアンフラ」をやっていました。

アドベリー収穫祭の催しの様子(ハワイアンフラ)

アドベリー収穫祭は、道の駅の中だけの「小さなお祭り」ですが、地元の人の“手づくり”の雰囲気が楽しめるイベントです。

特設の売り場をチェック

売り場には毎年いろいろなものがありますよ。

中には、アドベリー収穫祭の日にしか食べられない「限定スイーツ」も。

アドベリーを使った様々なお菓子・飲み物などが販売されている様子
売り場に立って頑張っているのは「安曇川高校」の生徒さんたち。

アドベリーマフィン&もっちりアドロール

今年の『安曇川高校オリジナル商品』は、アドベリーを使ったマフィンとロールケーキ。

アドベリーを使った洋菓子が販売されている様子

アドベリー収穫祭では毎年、「安曇川高校の生徒さんたちがアイディアを練って、地元のお菓子屋さんと協力して作ったお菓子」が販売されています。

どれも美味しくて、毎年「目玉商品」になっていますね。

アドベリーのスイーツいろいろ

ほかにもアドベリーを使ったお菓子・スイーツがいろいろありますよ。

写真は、安曇川町の和菓子・洋菓子の名店「とも栄」のお菓子のコーナー。

アドベリーを使った洋菓子が販売されている様子

「とも栄」は、アドベリーの風味を生かした和菓子・洋菓子を多数プロデュースしている、地域を代表するお店です。

絶対に食べたい「アドベリーの生果実」

そして、アドベリー収穫祭で絶対に手に入れておきたいのが「アドベリーの生果実」。

アドベリーの生果実が販売されている様子

この時期にここでしか手に入らない希少な果実を、ぜひ買って・食べて・味わっておきたいですね。

アドベリーの生果実が販売されている様子

アドベリーの冷たいスイーツを食べる

季節が夏へとむかう6月。冷たいものが食べたくなる時期ですね。

ということで、今回も「冷たいスイーツ」をいただいてみました。

アドベリーを使ったアイス等が販売されている様子

アドベリーサンデー

アイスクリームにアドベリーソースがかかった「サンデー」。

下にはコーンフレークが入っていて「パフェみたいなかんじ。てっぺんには「アドベリー生果実」が乗っていますよ。

アドベリーサンデーの写真

風味豊かなアドベリー。こうやって食べるとまた美味しいんですよね。

アドベリーかき氷

こちらはアドベリーを使った「かき氷」。

アドベリーかき氷の写真

「かき氷」ってソース1つでかなり美味しくなるんですよね。

アドベリーソースがたっぷりかかった「かき氷」は超おいしいですよ。

アドベリーサンデーとアドベリーかき氷の写真

というかんじで、アドベリーを使った冷たいスイーツ、おすすめです。

その他、焼きたての「アドベリー大判焼き」など、温かいスイーツも用意されていますよ。

こうして写真で見てみると、アドベリーは本当に「まっ赤」。本当にアントシアニンたっぷりな色をしていますね。

「道の駅」内の売り場も要チェック

道の駅「藤樹の里あどがわ」に行ったら、建物の中の売り場は要チェックですよ。

お土産品や地元の食材が充実しているので、いつも良い買い物ができます。

アドベリー収穫祭が開催されている「道の駅藤樹の里あどがわ」の様子

アドベリーを使ったお菓子、ジャムなどがいっぱい

アドベリーを使ったスイーツ・食品はかなりの種類がありますよ。

お土産に買って帰りやすい商品が多いので、ぜひチェックしてみてほしいです。

いろいろな「アドベリーを使った食品」が売られている様子

ちなみに、こちらのコーナーの品物の大半は、「アドベリー収穫祭」の時だけでなく通年販売されているので、一年中いつ訪れても手に入れることができます。

美味しい地元野菜がどっさり

道の駅「藤樹の里あどがわ」では、安曇川町や高島市内でとれた農作物が販売されています。

とても美味しい野菜や果物が買えるので、私もいつも色々買って帰ります。

「道の駅藤樹の里あどがわ」でたくさんの野菜が販売されている様子

中には驚くほど美味しい野菜もあるので、いろいろ買ってみるのがオススメです。

お買い物の例

というかんじで、今回私が買ったものはこんなかんじ。(野菜はもう1カゴ買いました。)

「道の駅藤樹の里あどがわ」で購入した野菜や鮎、アドベリーを使ったお菓子などの写真

いつも買う「アドベリーのお菓子」や「美味しいトマト」「美味しい椎茸」、それから「鮎塩焼き」なども。

琵琶湖の魚もいろいろ売られていて、6~7月の鮎は特に美味しいのでオススメですね。

道の駅「藤樹の里あどがわ」を訪れると、ついつい色々買いすぎてしまうくらい、良いものがたくさん売られていますよ。行くたびに売り場を要チェックですね。

まとめ

ということで今回は、

いろいろ買って・食べて・楽しめる『アドベリー収穫祭』についてご紹介しました。

アドベリー生果実と、アドベリーを使ったマフィンを並べた写真

この時期・ここでしか出会えない「アドベリーの生果実」や「アドベリースイーツ」が楽しめるほか、

美味しい野菜やお土産がいろいろ買えるから、グルメ旅が好きな人に超おすすめです。

美味しいお土産がたくさん手に入るから、旅の余韻が長く楽しめるのもいいですね。

年に一度の『アドベリー収穫祭』、あなたも次の機会に訪れてみてはいかがでしょう。

以上、2016年の『アドベリー収穫祭』のリポートでした。

こちらの記事もぜひ参考に

記事がお役に立った時は、SNSでシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
このページの目次
閉じる