毎日が自由研究

ふじたひであきの、行ってみたとこ・やってみたこと・体験したこと・わかったこと。

トップページ 滋賀県 野菜&果物』> アドベリー収穫祭(2016年)@道の駅「藤樹の里あどがわ」をリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
02

滋賀県の高島市 安曇川町の特産品『アドベリー』を知っていますか?

「アドベリー」は甘酸っぱくて美味しい夏の果実です。

今回はその産地にある道の駅「藤樹の里あどがわ」で、

2016年6月19日に開催された『アドベリー収穫祭』に行ってきので、その日のもようをお伝えします。

スポンサーリンク

「アドベリー」ってどんな木の実?

アドベリー』は、一般的には「ボイセンベリー(またはボイズンベリー)」の名で知られている木の実で、

安曇川町で栽培されたボイセンベリーは特産品として親しみやすいように「アドベリー」という愛称が付けられていますよ。

adoberry

「まぼろしの果実」

アドベリー(ボイセンベリー)は収穫期間が短く、保存・流通がむずかしいから、ほとんど市場には出回らない「まぼろしの果実」なんです。

アドベリーは基本的に冷凍・加工されて、カタチを変えて販売されているので「生のままの果実」に出会うことはほとんどありません。

「アドベリー収穫祭」はそんな希少なアドベリーの生果実が食べられるチャンスですよ。

◎アドベリーについてもっと詳しく

 「アドベリー」を知ってる?アドベリー大好きな僕が詳しく紹介するよ



アドベリー収穫祭2016をリポート

『アドベリー収穫祭』は、毎年6月に道の駅「藤樹の里あどがわ」で開催されます。

特設の売り場でアドベリーなどを販売

こんなかんじで、道の駅に特設の売り場が設置されて、「アドベリーの生果実」や「アドベリーを使ったスイーツ」などが販売されますよ。

12b

楽器演奏やダンスなどの催しもあるよ

「アドベリー収穫祭」の当日は、朝から夕方まで楽器演奏やダンスなども披露されるので、いろいろ楽しめます。

この日ぼくが訪れた時は、ちょうど「ハワイアンフラ」をやってました。

02b
ちなみにみなさんアドベリー色ですよ。年齢層高めですね。



特設の売り場をチェック

売り場にはいろんなものがありますよ。中にはアドベリー収穫祭の当日限定スイーツも。

03
売り場に立ってくれているのは「安曇川高校」の生徒さんたち。

アドベリーマフィン&もっちりアドロール

今年の『安曇川高校オリジナル商品』は、アドベリーを使ったマフィンとロールケーキ。

04
アドベリー収穫祭では毎年、「安曇川高校の生徒さんたちがアイディアをだして、地元のお菓子屋さんと協力して作ったお菓子」が販売されますよ。

どれも美味しくて、毎年「目玉商品」になってますね。

アドベリーのスイーツいろいろ

ほかにもアドベリーを使ったお菓子・スイーツがいろいろありますよ。

写真は、安曇川町の老舗和洋菓子店「とも栄」のお菓子のコーナー。

05
「とも栄」は、アドベリーの風味の生かしかたが特に上手ですね。

絶対に食べたい「アドベリーの生果実」

そして、アドベリー収穫祭で絶対に手に入れておきたいのが「アドベリーの生果実」ですね。

06

この時期にここでしか手に入らない希少な果実、売り切れることもあるから、ぼくはまず最初に生果実を確保しておきましたよ。

08

アドベリーは美味しくて体にいい、ミラクルベリーです。

試食も用意されているので、「アドベリーは初めて」という人はまずは味見して、その美味しさを知ったなら1パックでも2パックでも買っていきましょう。この時しか手に入りませんからね。

07



アドベリーの冷たいスイーツを食べる

梅雨まっただなかの6月。冷たいものが食べたくなる時期ですね。

ということで、「冷たいスイーツ」をいただいてみました。

09

アドベリーサンデー

アイスクリームにアドベリーソースがかかった「サンデー」。

下にはコーンフレークが入っていて「パフェみたいなかんじ。てっぺんには「アドベリー生果実」が乗ってますよ。

10
こうやって食べるとまた美味しいんですよね。

アドベリーかき氷

こちらはアドベリーの火山、いや「かき氷」。

11
「かき氷」ってソース1つでかなり美味しくなるんですよね。

アドベリーソースがたっぷりかかった「かき氷」は超おいしいですよ。

12
というかんじで、いくら美味しいからって、冷たいものの食べすぎにはご注意を。

その他、焼きたての「アドベリー大判焼き」など、温かいスイーツも用意されていますよ。

◎こうして写真で見てみると「超まっ赤」ですね。アドベリーって本当にアントシアニンたっぷりな色してます。



「道の駅」内の売り場も要チェック

道の駅「藤樹の里あどがわ」に行ったら、建物の中の売り場は要チェックですよ。

お土産品や地元の食材が充実しているので、いつも良い買い物ができます。

02

アドベリーを使ったお菓子、ジャムなどがいっぱい

アドベリーを使ったスイーツ・食品はかなり種類がありますよ。お土産にぜひ。

13
ちなみに、このコーナーの品物は「アドベリー収穫祭」の時だけでなく通年販売されているから、一年中いつ訪れても手に入れることができますよ。

美味しい地元野菜がどっさり

道の駅「藤樹の里あどがわ」では、安曇川町や高島市内でとれた農作物が販売されていますよ。

かなり美味しい野菜や果物が買えるので、ぼくもいつも色々買って帰ります。

14
中には驚くほど美味しい野菜があるので、いろいろ買ってみるのがオススメ。あなたも絶品野菜を見つけてみて。

お買い物の例

というかんじで、今回ぼくが買ったものはこんなかんじ。

いつも買う「アドベリーのお菓子」や「美味しいトマト」「美味しい椎茸」、それから「鮎塩焼き」なども。

琵琶湖の魚もいろいろ売られていて、6~7月の鮎は特に美味しいのでオススメですね。

15
道の駅「藤樹の里あどがわ」を訪れると、ついつい色々買いすぎてしまうくらい、良いものがたくさん売られていますよ。行くたびに売り場を要チェックですね。


まとめ

というかんじで、「アドベリー収穫祭」とその楽しみ方についてご紹介してみました。いかがでしたか?

この時期・ここでしか出会えない「アドベリーの生果実」や「アドベリースイーツ」が楽しめるほか、

美味しい野菜やお土産がいろいろ買えるから、グルメ旅が好きな人に超オススメですよ。

19
美味しいお土産がたくさん手に入るから、旅の余韻が長く楽しめるのもいいですね。

年に一度の「アドベリー収穫祭」、あなたも次の機会に訪れてみてはいかが?

◎こちらの記事もオススメです

 「アドベリー」を知ってる?アドベリー大好きな僕が詳しく紹介するよ

 「アドベリー」を収穫して食べ放題!「アドベリー摘みとり体験」をリポート

 初めて行った、2013年の「アドベリー収穫祭」のリポートはこちら

スポンサーリンク

参考になると思ったらシェア&いいね!をお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただければ、更新情報などをお届けします

フェイスブックにいいね!




Instagram


スポンサーリンク

≪ 前の記事
ゴキブリ駆除剤の「その日から効く」はマジ、置いたらすぐに効果があったよ
次の記事 ≫
ゴキブリ対策をしよう|駆除剤を家じゅうに徹底的に使用するのがオススメ